Youtuberの動画タイトルの付け方では半分ネタバレをすると良い

Youtubeに動画投稿をしている人は、動画のネタも重要ですけど、タイトルにも気を配って作成している人が多いでしょう。
確かにYoutuberとして成功するには、タイトルを工夫して、人に注目してもらう必要がありますから。
そして、そのときに実践してほしいテクニックがあるのですが、それは半分ネタバレをするというものになります。
動画のタイトルで、動画の中身の結末を半分ネタバレするというものがおすすめなのです。
これは動画の中身の結末について、ある程度の予測は持たせるが、具体的には明かさないというものです。
つまり、結末の方向性のみを示して、その具体的な結末は動画を見ないと分からないようにするわけです。
具体例を挙げると、いろいろな動画で用いられている言葉で「神回」というものがあります。
この言葉を使用している動画というのは結構見られますが、この言葉を見るとすごい衝撃的な、滅多に見られないような展開が待っているのだろうという予測がつきます。
しかし、どのように衝撃的なのか?というのは分かりませんから、そこが気になって動画を見てしまうということがあります。
衝撃的な内容になっていることはあらかじめバラしておくが、その真相については分からないようにしておくというのが、こういった半分ネタバレの意味になります。
こういうテクニックを取り入れている動画のタイトルは割とあるので、多くの有名Youtuberが実際に使っているということなのでしょう。
逆に言えば、そういったタイトルの付け方をしているからこそ、動画の再生数が伸びて、チャンネル登録者数も増えて、結果的に有名Youtuberになっているということも言えると思いますが。
完全なネタバレをしてしまうと、タイトルだけで結末が分かってしまい、視聴したいという気持ちを削いでしまう可能性があるので、ネタバレをするときには全貌が分からないような範囲にとどめておくというのがポイ陰とです。
逆に全くネタバレがないようなタイトルの場合には、それも視聴したいという気持ちを削いでしまう可能性があります。
だから、タイトルをつけるときには少なからずネタバレをしておいて、そこから注目されるというテクニックを使うと良いでしょう。
Youtuberとして成功したいならば、タイトルでいかに注目を浴びるか?視聴意欲を高められるか?がとても重要なので、あらゆる工夫を実施していくことが大切と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です